賭け続ける人生


by 2g63j6rzlw

外国人参政権、拙速避けるべき…総務相は慎重(読売新聞)

 原口総務相は30日午前の読売テレビの番組で、政府が検討中の永住外国人に地方参政権を付与する法案について、「民主主義の根幹にかかわることは、行政府がやるのではなくて、国権の最高機関である国会がやるべきだ。しっかりと議論し、拙速を避けることが大事だ」と述べた。

 同法案の内容が政府提出法案にはなじまず、法制化にあたっても慎重な検討が必要だとの考えを示したものだ。

 同法案を巡っては、民主党の小沢幹事長が政府提出法案としての早期成立に意欲を見せるている。

虐待疑いの子、出席日数把握へ…海渡君事件受け(読売新聞)
<参院予算委>自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断(毎日新聞)
474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で−新型インフル(時事通信)
首相演説「労働なき富」に共産委員長が皮肉(産経新聞)
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首(時事通信)
[PR]
by 2g63j6rzlw | 2010-01-31 15:56